Microsoft Wordが進化していた

SaaSライクに使える入力フォーム

ドロップダウンリスト、チェックボックスなどの入力フォームが組み込める機能がワードにありました。
いつから…、ずっと前から?
なのかはよくわかりませんが、この機能があればもしかしたらグループウェアはいらない…、とまではいかなくても、そもそもグループウエアを使っていない会社であれば、かなりの業務の効率化が図れると思います。

世の中「デジタル」ブーム

デジタルというよりは、わたしの仕事の日常はクラウドサービス(SaaS)利用が標準となっています。「パッケージソフトを買ってインストール」ではなく、仕事だけでなく個人生活でも、「Webで利用登録して、課金利用」が今や主流となっています。ただ、それが多岐にわたっていて、利用者IDとパスワードの管理、いつからいつまでの契約なの…、と大変です。
契約したことすら、忘れてしまうことも…。

ワード、エクセルはGoogleドキュメントとスプレッドで十分と思いつつ、やはりマイクロソフト純正品なしでは、なにかと仕事がやりづらいものです。

言うことをきかないワードだけど…

箇条書きなど「余計なお世話」の設定が多いワード。
ほんと「過剰」サービスだと思う人が多いようです。
それもあってか、「エクセル大好きなひと」はよく見かけますが、「ワード大好きなひと」と会う機会はほとんど…、というか一回もありません。
しかし、ワードは、(わたしだけが)知らぬ間に進化していました。
これなら、取引先との通信手段が「ファクス」主体の会社でも、機能的に活用されそうです。
あえて、優良でもない有料システムを導入しなくても…。

Office365を再検証してみよう

Office365ってなに?
と思っていましたが、こうした機能があるなら、「書類はパソコンで作っても、やっぱり印刷」仕事スタイルの会社で選択される理由にも、納得ができます。
一気にペーパーレスが進まなかった現実と歩調を合わせた営業戦略をとっているのが、マイクロソフトの方針なのでしょう、きっと…。先進的なことに取り組んでいるはずなのに、株価はパッとしないのもそのせいかもしれませんね。

ワードテクはプロに訊いてください

具体的な使い方は、「ワード 入力フォーム」とかで検索してみてください。
マクロが入ってくるので、ちょっと面倒臭さもありますが、そのハードルを越えれば自在に作りこみができる、はずです。

わたしの「へ~」も、紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です